乗り物の発展は社会の発展

産業革命以前は、人力や動物の力を利用した人力車や馬車や、風や波の流れを利用した舟などが移動手段の中心でした。
生物の筋力や自然界の風や波といったエネルギーしか用いていなかったためです。
これらが中心に用いられていた時代にも、社会は発展していきました。
ですが、産業革命によって蒸気力を利用するエネルギーを見出してからは、それまでとは比較にならない速度で社会は発展していきました。

蒸気を利用することで、汽車や船が不安定な自然エネルギーに頼らずに済むようになりました。
石炭さえあれば常に安定した出力を生み出せるモーターを利用でき、加えて移動速度や運べる荷物の量が比較にならないほど増えたからです。
これによって社会はより成熟していきました。

そして石油が主なエネルギー源となってからは、乗り物の種類も増えました。
飛行機や潜水艦、更には宇宙にも行けるようになっています。
最近は水素やミドリムシをエネルギーとする車が登場するなど、新たな乗り物革命が起こりつつあるのです。

Comments are closed.